大麻とメンタルヘルス – 統合失調症 –

anxiety ニュース

今回はHIGH TIMESのコチラの記事をコッチー訳でお伝えします

以下が記事となります

世界の人口の約1.1パーセントが統合失調症と診断されています。 アメリカの統合失調症および関連疾患連盟によれば、統合失調症は米国における障害の主要原因の一つであり、350万人が罹患していると言われています。

精神的健康状態は、人々の記憶、過去、さらには現実の記憶を消す可能性があります。 SRDAAは、統合失調症と診断されるためには、以下の症状のうち少なくとも2つを持っていなければならないと述べています。

  1. 妄想
  2. 幻覚
  3. まとまりのない発言
  4. 混乱、緊張行動
  5. 陰性症状

今日、大麻の消費はおおよそのメンタルヘルスを取り巻く議論となる傾向があり、これは統合失調症に特に当てはまります。大麻は精神病の増加、統合失調症の一般的な症状につながる可能性があると信じる人もいる一方で、まだそうではないかもしれないと信じている人もいます。

アレックス・ディミトリウ博士は精神医学と睡眠医学の正式に免許を持っており、メンローパーク精神医学と睡眠医学の創設者です。ドミトリオ博士は精神病の影響が人にどのようなものであるかを説明しました。 「精神病は、誤った信念(しばしば妄想と呼ばれる)を持ち、本物ではないものを見たり聞いたりすること(幻覚)として定義されます。精神病状態では、まるでハイになったかのように(LSD、またはマジックマッシュルームのように)、考えがまとまらない、混乱している、被害妄想に見えたりします。

彼はまた、THCは軽度の幻覚剤であり、どのようにTHCが短期間の統合失調症につながる可能性があるが、長期間ではその可能性があまり無いのか。 「信じられないかもしれませんが、ある程度または他の多くの大麻使用者は、薬の「精神病」のような効果を経験しています。幸いこれは短命ですが、通常は何時間も続きます。最も一般的には、これはパラノイアとして見られます。例えば「誰かが私を見ている?」、「私は国家権力ともめてる?」または「パニック発作を起こしたから救急治療が必要?」などです。

PainCareLabsのCEOであるエイミー・バクスター博士は、大麻の使用とそれが人々に影響を与える可能性について異なる意見を持っていました。彼女は、大麻は癌からPTSDまでの無数の状態で有用であり得るが、過剰に刺激されると標的とされるドーパミン疼痛受容体が躁病および精神病につながることがあると書いた。バクスター博士は、次のように述べています。「実際、10〜15%の人々がパラノイアと幻覚(精神病の症状)を患っています。特定の遺伝的背景により、大麻を1回使用しただけでも、生涯にわたる統合失調症のリスクが10倍高くなる可能性があります。」

彼女はまた、何世紀にもわたる大麻の2017年の調査を推薦し、レコメンデーションをさらなる研究のためにと留意した。

ジョーダン・ティシュラー博士はハーバード大学の卒業生であり、彼自身が実践と研究を行っており、CannabisMDで働いています。彼は、大麻使用が統合失調症や他の精神病性障害を持つ人々によってより高い割合で使用されていることを指摘しました。「これは大麻使用とこれらの病気の発症または悪化を関連づけることにつながりました。大麻がこれらの問題を引き起こしているのか、それとも問題が大麻の使用につながっているのかは、まったく明らかではありません。明らかにこれらは非常に異なる状況です。この謎を解こうとする研究は非常に複雑で、因果関係を示すように見えるものもあればそうでないものもあります。」

このシリーズの他の記事とは異なり、自分の経験をHigh Timesと共有しようとする患者はいませんでした。そうは言っても、オンラインでの多くの証言は個々の経験を詳述しています。医療専門家の観点からは、短命であることが多いものの、大麻を使用すると症状が悪化する可能性があるとディミトリウ博士は指摘しました。20代でパラノイアを経験し、電磁波を避けるために学校に行かずに床で寝ていた患者を思い出しました。また、効力の強い品種を吸った後に声が聞こえ始めた50歳の患者のことも語りました。

ティシュラー博士はまた彼が遭遇した例を教えてくれました。この症例では、65歳の患者が激しくて絶え間ない肉体的苦痛を被り、伝統的な医学では効果がありませんでした。この患者はまた、20代の頃から40年間のメンタルヘルス問題に苦しみました。彼は大麻を使って彼らがどのように適切な治療計画にたどり着いたかを説明してくれました。

「理想は、彼女のために大麻を避けたいのですが、彼女の痛みは彼女を衰弱させ、以前の治療には反応しなくなってしまいました、何より彼女の急性精神病はずっと昔からのものです。この場合、彼女の大きなメンタルヘルスチームと一緒に(すでに行っていたように)毎日彼女をモニターするためのケアプランを立てることができました。大麻が悪く作用した時にはすぐに対応できるようにです。」

「本当に睡眠をとらなくなっていた」と言っていたが、この問題は解決した。彼はまた反例を申し出た。 「慎重に検討したにもかかわらず、それらがうまく行われず、ありがたいことにすぐに気付かれたケースがありました」

そのようなさまざまな結果と状態の厳しさで、ティシュラー博士は大麻が精神病の原因である、または病気を増やすかもしれないことを認識しました。したがって、そのような症状の兆候がある場合は、大麻の使用を避けるのが賢明です。彼はまたこの解決策の問題にも取り組んだ。 「もちろん問題は、これらの病気が襲ってくるまでは予見が難しいということです。これらの病気は10代後半から若年成人にかけて発生する傾向があるので、これはこれらの人々が大麻を避けてほしい理由の一部です。」

他の回答した医師達はこのアプローチに同意した。バクスター博士は、この精神的健康状態で大麻を使用することを「非常に危険」と述べました。一方、ディミトリウ博士は統合失調症を持つ人々への大麻以外の他の物質の影響に興味を示しました。

「確かにアッパーにも当てはまります – それがアデロールのようなアンフェタミンであろうと、メチルフェニデートであろうと – リタリン、さらにはカフェインやエネルギードリンクでさえ – これらの薬は興奮を悪化させることがあるドーパミンのレベルと精神病の症状を増やします。 LSD、シロシビン(マジックマッシュルーム)、DMTなど、古典的なサイケデリックは絶対に避けてください。」

THCはカンナビノイドの医療専門家が、ほとんどの統合失調症患者にはお勧めできないように思われますが、CBDの良い利点について議論している人もいます。

ビル・コード博士は統合失調症を含む精神状態に関する大麻専門家です。彼の著書、『脳の謎を解け』では、大麻の使用を扱っています。彼は、どのようにしてCBDが精神病および統合失調症に対して「相当な利益」をもたらしたかを説明しました。彼はフランスの高CBDと現代の抗精神病薬との同等性についての「大まかな副作用のない」研究を読んで決定に至りました。

ディミトリウ博士は、なぜCBDが効果的な抗精神病薬であることが証明されるのかを説明しました。 「CBDは、鎮痛剤、抗けいれん薬(抗発作薬)、睡眠誘発薬として、数多くの薬効があることが示されており、不安レベルを下げることが示されています」と付け加えながら追加の研究が必要である。さらに読むための抗精神病薬としてのCBDの効果に関する2012年の調査について述べた。

結局、どんな条件であれ、彼らがそうすることが健全な精神である限り、選択は患者にかかっています。 「これは必ずしも簡単な決定ではありません。問題を回避したり、問題が発生した場合に迅速に対応するには、慎重な計画と監視が不可欠です。」とティシュラー博士は述べています。

記事は管理人が訳したものになります。翻訳は素人なので誤訳等あるかと思いますので参考程度にご覧下さい。又、翻訳に関するご指摘、当サイトに関するご意見もどうか遠慮なさらず申し上げて頂けると幸いです。

コメント